理容室と美容室でのシャンプーの仕方の違い

髪の調髪をしてもらえるところとして、理容室と美容室があります。
理容室は調髪の他、顔そりなどもしてもらえます。
美容室は長髪の他パーマやカラーリングなどをしてもらえます。
よく理容室は男性が行き美容室は女性が行くところと言われますが、もちろん理容室に女性が行き美容室に男性が言っても構いません。
どちらでも行ってもらえるのが調髪と洗髪です。
しかし大きく方法が異なるケースがあります。
それは洗髪をするときの向きです。
理容室では前かがみになって顔を下に向けるように言われます。
頭の上の方で洗ってもらう感覚です。
一方美容室はそのまま座席を倒して頭の下の方を洗ってもらう感覚になります。
なぜ洗い方に違いがあるかですが、理容室は男性向き、美容室は女性向きの点が関係しているようです。
女性は身だしなみとして化粧をします。
美容室に来た時にもすでにメイクをしていて、終わったらそのまま帰る人もいます。
後ろ向きの洗髪だとメイクへの影響が少なくなります。